タイヤショルダーのパンク

 タイヤショルダーのパンク

Dan Hart

タイヤショルダーのパンクやタイヤサイドウォールのパンクを修理できない理由

タイヤショルダーが修理禁止区域である理由

どのタイヤ会社も、タイヤのショルダーとサイドウォールのパンク修理はできないと言う。 しかし、その理由は説明しない。 その理由は以下の通りだ。

関連項目: ホンダ・アコード パワーウィンドウが作動しない

まず、タイヤのショルダーとサイドウォールは最もたわみやすく、そのため最も熱を持ちやすい。 そのため、タイヤプラグやパッチは常にたわみ続け、熱に耐えることができない。 これらはタイヤのトレッドのような比較的平らな部分用に設計されている。

第2に、タイヤのサイドウォールとショルダーは旋回時に最も大きなストレスにさらされるため、これらの部分に弱点があると、タイヤの故障やコントロール不能につながる可能性がある。

下のカットアウェイを見ると、タイヤのショルダー部分やサイドウォール部分にベルトがないのがわかる。 つまり、構造的な安定性をボディプライだけに頼っていることになる。 ボディプライは、パンクしていなければストレスに耐えられるが、パンクしてパッチを当てたり、プラグを差し込んだりした場合は十分な強度がない。

スチールベルトがタイヤトレッドの最後の空洞で終わっていることに注目してほしい。 タイヤショルダーやサイドウォールには構造的な支えがない。 だからこれらの部分はパッチを当てることも塞ぐこともできないのだ。 タイヤショルダーやサイドウォールのパンクは安全に修理できない

関連項目: 2004 GMC ユーコン ヒューズ回路図

©. 2022

Dan Hart

ダン・ハートは自動車愛好家であり、自動車の修理とメンテナンスの専門家です。業界で 10 年以上の経験を持つ Dan は、さまざまなメーカーやモデルに膨大な時間を費やしてスキルを磨きました。彼の車への情熱は幼い頃から始まり、それ以来それを成功したキャリアに変えてきました。Dan のブログ「車の修理のヒント」は、車の所有者が一般的で複雑な修理問題に取り組むのを支援する彼の専門知識と献身的な努力の集大成です。彼は、お金を節約できるだけでなく、個人が自分の車のメンテナンスを管理できるようにするため、誰もが車の修理に関する基本的な知識を持っているべきだと考えています。Dan は、ブログを通じて、複雑な概念を理解しやすい言葉に分解する、実用的でわかりやすいヒント、ステップバイステップのガイド、トラブルシューティング テクニックを共有しています。彼の文体は親しみやすく、初心者の車の所有者にも、さらなる洞察を求める経験豊富な整備士にも適しています。ダンの目標は、読者に車の修理作業に自分で取り組むのに必要な知識と自信を与え、不必要に整備士のところへ行ったり、高額な修理代を請求したりするのを防ぐことです。ダンはブログの維持に加えて、自動車修理工場も経営し、高品質の修理サービスを提供することでコミュニティに貢献し続けています。顧客満足への献身と、サービスを提供するという揺るぎない取り組み卓越した職人技により、長年にわたり忠実な顧客ベースを獲得しました。車のボンネットの下にいるときやブログ記事を書いているとき以外は、ダンがアウトドア アクティビティを楽しんだり、カー ショーに参加したり、家族と時間を過ごしたりしていることがわかります。真の自動車愛好家として、彼は常に業界の最新トレンドを把握しており、ブログ読者と洞察や推奨事項を熱心に共有しています。ダン・ハートは、車に対する豊富な知識と真の情熱により、車の修理とメンテナンスの分野で信頼できる権威です。彼のブログは、車をスムーズに動かし、不必要な頭痛の種を避けたいと考えている人にとって、非常に貴重なリソースです。